私はネット通販で10万円近くの高額商品を買ったり、引っ越しや模様替えなどで月に10万円近くネットで注文する時が年に何度かあるのだが、その直後に必ずあることが起きる。

DSC_0138[1]

それは、不動産投資勧誘の営業電話が毎日のようにかかってくるのだ。1週間ぐらい無反応でいるとかかってこなくなるのだが、また高額支払いをするとジャンジャンかかってくる。

出なくても何故わかるのかというと電話番号を後で検索するとほとんどが不動産投資営業の電話番号であるとクチコミサイトに書いてある。

一度電話に出てしまった時に、気の弱そうな新人ぽい人だったので「どこで名簿を手に入れているのか」優しく聞いてみたところネットショッピングの名簿ですとハッキリ答えてくれた。

100%大手ショッピングサイト経由でしか購入していなくても個人情報が売られている世の中なんだなと思った。誰がどのタイミングで連絡先を売っているのか追求できないがそういうリスクも想定内で生活しないといけないなと思った。

◆営業電話撃退法
・知らない電話番号には出ない。本当に用事のある人、知り合いであれば留守電に残すか何度もかけてくるので気にする必要はない。

・出てしまった時は、営業だと分かった瞬間に「今、来客中なので切ります」と言って一方的に切る。

・なかなか切らせてくれないと思っても「私には必要ありませんのでもうかけてこないでください。切ります」と、相手がしゃべっている最中でも一方的に宣言して切る。

・平日なら18時~21時、休日なら夕方ごろの普通なら誰もかけてこないような油断している時にかかってくるので注意する。